現金化の歴史とメリット|違法じゃない!クレジットカード現金化で現金をゲット!

違法じゃない!クレジットカード現金化で現金をゲット!

現金を渡す様子

現金化の歴史とメリット

手に入れた現金額に驚く男性

現金を一時手元に置きたい時、クレジットカードで商品を購入して現金にするカード現金化はとても便利な方法ですよね。法律に触れている訳でも無いので安心ですし、キャッシングするわけでも無いので気軽に利用する事ができます。 カード現金化の歴史は、1960年に百貨店がクレジットカードを発行した時から始まっています。そもそもクレジットカードは「つけ払い」の発想が始まっており、後払いが原則となります。当時は購入した商品をどのようにしようと問題は無かったので、金券や新幹線のチケット購入などでカード現金化が盛んに行われていました。 現在はクレジット会社がカード現金化を規制しており、転売目的での使用は禁止していますが、現金化業者を利用する事でカード停止などのリスクを軽減させることができ、カード現金化利用者には人気です。

カード現金化する際に、メリットを得られるように工夫をするにはどのようにしたら良いでしょう。カード現金化で一番得した感じがあるのは、やはり換金率が高かった時ですよね。 カード現金化で換金率を上げるには、もちろん換金率が高い現金化業者を見つける事が大前提となりますが、他にも高い金額で利用すると換金率が上がります。また、自分で転売して現金化する場合には、金券などを上手くクレジットカードで購入するようにすると、そもそも金券などは高い換金率を狙えるのでおすすめです。 カード現金化の換金率は、現金化業者を利用すると低めの設定になってしまいます。しかし、クレジットカード会社に怪しまれずに安心して現金化をしたいのであれば、専門業者で現金化する事でカード停止のリスクも低くなります。

↑ ページトップへ